the art of ai

Googleマップ東京渋谷区TOPローカルガイド8のaidaがおすすめ日本, 東京,渋谷観光地, 縄文時代の博物館などを紹介。Googleローカルガイドコネクトライブ東京2018参加

なぜ縄文人は土偶をつくったのか?なぜ人は人形をつくるのか?

f:id:ajgptmwa:20190603194652p:plain

なぜ人間は人形をつくるのか?なぜ縄文人土偶をつくったのか?

なぜ縄文人土偶をつくったのか?なぜ人は人形をつくるのか?をGoogleマップ東京渋谷区トップローカルガイドで縄文時代好きのaidaがお伝えしたいと思います。

日本最古級の土偶、人形?

発見されている日本最古級の土偶は今から約13,000年ほど前の草創期に作られた「相谷熊原土偶」になります。

最初は手足の表現はありませんが、乳房の表現があるので当初から土偶は女性を象徴して作られたものであることがわかります。一部の土偶はお腹の膨らみが際立っており、妊娠した時にできる正中線を表現しているものもあります。

その姿は一貫して女性を表現しています。デザインは不思議であり、神秘的です。なぜなら顔立ちは輪郭や目、鼻、口がかなりディフォルメされているからです。つまり、写実的でなく、抽象的デザインです。

仏像に手が3本以上あったり、顔が2つ以上ある時代のきまり、教義上の約束があるように、縄文土偶は無事な出産への祈りや、再生への願いが込められた祈願に用いられた呪術的、宗教的道具であるといえます。

心理学的考察

なぜ縄文人土偶をつくり、なぜ人は人形をつくるのかを心理学的に考えてみますと、1890年、心理学者ジェームズ(William James)は”自己には意識と肉体だけでなく、所有物が含まれる”と主張しています。さらに19世紀末に人類学者によって「接触伝染」という物理的な接触によって自分のエッセンスが所有物が染み込むという考え方が「原始的」な社会で発見されたといっています。正に縄文時代がそうだったかも知れません。そして今の現代社会でもその文化が残っています。

私たちは古代から精神的に不安定になると土偶や人形を含めた所有物との関わりを強めようとするそうです。

現代の心理学では”大切な人への愛着が不安定な場合、生命のない所有物に深い意味や人間らしい特性を与えてその空白を埋めようとすることがある”そうです。

愛着には4つのスタイルがあるそうです。

1)「安定型」:養育者が幼児期にそばにいて欲求を満たしてくれると感じた人

2)「回避型」:養育者に必要な時に突き放され感情的に距離を置く人

3)「不安型」:養育者に欲求を満たしてもらえず、親しい人にしがみついたり監視する人

4)「恐れ/回避型」:養育者に幼少期に傷つけられ、他社と親しくなるのを恐れる人

上記のように養育者、特に 母親への愛着とその愛着の質が将来の人間関係に大きく影響しているかも知れません。

心理学者のキーファー(Lucas A. Keefer)は”お気に入りの所有物が不足を埋め合わせるだけでなく、成長に役立つ”と言っています。肯定的なポジティブな側面も感じられます。 

愛着、”愛と思いやり”

縄文時代は16,000年前から1万年続きました。縄文土器は世界最古の土器と言われています。この時代に驚きを感じるのは大規模な争いがあった痕跡がみつかっていないことです。北海道の遺跡から小児麻痺をわずらい、一人であるくことも難しいともおもわれる細い骨が見つかっています。その人は骨の分析で20歳前後まで生きていたことがわかりました。つまり、この集落の人々は弱者を切り捨てることなく介助していたと考えられます。当時は食糧確保も簡単ではなく、必死に生活していたとおもいますが、それでも力を合わせて生きていこうとする相手への”おもいやり”が1万年も続いた理由の一つではないでしょうか。実際、人間は社会的な動物です。ダライ・ラマ方法は「実際に社会を成り立たせ、統合している要因は、法律なのではなくて、”愛と思いやり”なのです。我々は法律やルールで強制されて一緒に暮らしているのではなくて、私たち自身から自然に発せられる思いやりによって一緒に生活を営んでいるのです”と言っています。

現代の人形

小さい頃にガンダムのプラモデル、キン肉マンの筋消し、聖闘士星矢のフィギュアにお世話になりました。一般的にはドラえもんポケモン、動物の人形、女性でしたら、ディズニーのキャラクター、キティちゃんの人形にはまっている、はまった人もいるでしょう。

最後に

文展のある博物館を回り、土偶のどれを見ても原始的な強い願いのパワーを感じられます。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。土偶のことばに耳を傾けながら神秘的な世界を堪能してください。